白石温麺(しろいしうーめん)とは?食べ方は?働くママの時短レシピにピッタリ!

白石温麺


白石温麺って、ご存知ですか?

しろいしうーめん」と読みます。

宮城県白石(しろいし)市の名産品です 🙂 

宮城県白石市は、杜の都・伊達政宗で有名な仙台よりも南に位置します。

東北新幹線の、仙台の一つ南「白石蔵王」がある市、といえば分かりやすいでしょうか。

この「白石温麺」が、働くママの時短レシピにとても役立つと思うので紹介します☆彡

 

白石温麺

白石温麺

白石温麺とは?

見た目は「短い素麺」といった感じです。

白石温麺が作られた由来に、こんな話が伝わっています。 

今から四百年ほど前、伊達藩白石城下に鈴木味右衛門という人がおりました。父が胃を病んで床に伏し何日も絶食しなければなりませんでした。親思いの味右衛門は大変心配して、何か良い食餌療法はないかと八方手を尽くしたところ、たまたま旅の僧から油を一切使わない麺の製法を耳にし、これを作って温め父に勧めたところ、胃病は日ならずして快方に向かい、やがて全快したということです。油を使わないで作る麺は胃にやさしく消化も良いので回復を早めたのでしょう。
 白石城の片倉小十郎公は、前記の孝行話の「温かい思いやりの心」を称え、その麺を「温麺(うーめん)」と名付け、地場産品として奨励しました。

素麺は麺を細く長く伸ばす際に油を使うのですが、この白石温麺は油を使わずに細く長く伸ばしているので、食べたときに素麺よりもあっさりしています(*^^*)

また、長さもおよそ9cmと短いので、片手鍋でも茹でることができるので楽です(*^^*)

100g(1人前)ずつ束ねられているので、使いたい人数分をサッと取り出すことができるのも( ´∀`)bグッ!

テレビで紹介されたことも!

以前「満点☆青空レストラン」で紹介されたこともあります 🙂 

あるいは吉永小百合さんが出演したJR東日本のCMをご覧になったこともある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このときに食べていた麺が、ずばり「白石温麺」です(*^^*)

どこで買えるの?

地元宮城では、スーパーで普通に売られています。それも、一種類だけではなく、いろいろな製麺所の温麺が店頭に並んでいます。

ちなみにこのページの写真の温麺は「きちみ製麺」のものですが、我が家は「松田製粉」の温麺がお気に入り♪♪♪

首都圏だと、たまに大手スーパーの麺コーナーで売られているのを目にしますが、あったとしても一種類です。

他の地域で店頭にあるかどうかは分かりません、ゴメンナサイm(_ _)m

ただ、オンラインショップなら確実に買うことができます。

【送料込み 初回限定】白石温麺(うーめん)お試し3種セット

価格:1,080円
(2017/1/22 09:02時点)
感想(17件)

調理方法は?

鍋にお湯を沸かし、茹でるだけ(*^^*)

麺が短いので、片手鍋で茹でることができます。素麺を茹でるときのように大きな鍋を出さなくてよいのが楽チン☆彡

茹で時間も2~3分と短いので、出来上がりまでの時間が短くて済むのが忙しいママには助かります(*´ェ`*)

オススメの食べ方は?

白石温麺はあっさりとした麺なので、サッパリ食べるのも良し、ガッツリ食べるのも良し 😀 

温かいまま食べても、冷たくして食べても美味しいです(*^^*)

例を挙げるなら…

釜揚げ温麺(熱々の麺を、お湯を張った器に盛り付け、好みの麺つゆで食べる)

釜玉温麺(熱々の麺に生卵を混ぜて、醤油をかけて。明太子入りの「明太釜玉」も美味)

カレー温麺(カレーうどんの要領で)

じゃじゃ麺風温麺(茹でた温麺に肉味噌をかけて)

サラダ風温麺(茹でた温麺を冷水でしめて水気を切り、ツナ・マヨネーズ・レタスなどの具材と和えて食べる)

などなど、とても応用が効きます!

パルシステムの産直たまごのふわふわスープに白石温麺を加えて「かきたま温麺」もいいですよ(*^^*)

 

この「白石温麺」が全国の店舗でどこででも買えるようになったら嬉しいな~と思っています。

本当にオススメの食材なので、見かけたら是非一度試してみてください(*^^*)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です