働くママでもできる!塾任せにしない、中高一貫校受検体験記

中2の長男は今、第一志望校の中高一貫校へ、毎日楽しそうに通っています。

地元の公立中高一貫校の校風に惹かれ、受検を志したのが3年前、長男が5年生のときでした。

中高一貫校受検は長男の人生でたった一度のチャンス、やるからには悔いの残らないようにやりたい!と思い、フルタイム勤務ではありますがいろいろトライして、見事合格を勝ち取りました 😀 

もうじき受検シーズンなので、今回は我が家の受検体験記を紹介しようとおもいます。

塾へはいつから?週に何日通う?

長男が塾へ通い始めたのは、5年生に上がるタイミングで、でした。

国語と算数を週に1回ずつ、合わせて週に2回塾へ通っていました。

6年生の後半では「適性検査対策」が加わり、受検間際には週に6日通っていました。

中高一貫受検、塾任せでも大丈夫!?

答えはNO!!です 😡 

あなたのお子さんがよっぽど優秀で自立していて、完全に任せられるなら話は別ですが・・・

ウチの長男は、中高一貫校が本命ではありましたが、

・先の見通しを立てて勉強できない

・その日のうちにやらなくてはいけないことを後回しにし、結局やらないまま寝てしまう

・根拠なく「自分は受かる」と思い込んでいて、すぐに手を抜く

・テストなどで間違えたところを放置する

…などなどありまして 🙁  

5年生のときは「塾さえ行っていれば大丈夫だろう」と思っていたのですが、6年生に上がる時点の模試の成績があまりにも悪く、受検は塾任せではなく親が関わらないとダメだと強く思いました。

親はまず、何をすればいい?

現状把握

  • まずは、我が子がどんな勉強をどのくらいやっているのかという、現状把握に努めました。

具体的には、

 ・使っているテキストはどんなことが書かれているか?

 ・この問題を解くのに何分かかるか?

 ・このテキストに対して、どんな家庭学習が指示されているのか?

 ・我が子の出来栄えは?(正解率と、解くのにかかる時間)

ということをチェックしました。

できている部分に関しては本人に任せ、出来が悪いところや間違えたところは私がノート(*)に書き写し、それを後日改めて長男に解かせました。

学習計画を立てる

  • 次に、本人と相談しながら、学習計画を立てました。

一日の中で使える時間が何時間あって、やらなければいけないことがどれだけあるのかを、本人に確認しながら紙に書き出していきました。そして、やらなければいけないことを時間割形式でスケジュール化しました。

ビジュアル化することで「やらなければいけないこと」が可視化され、時間の無駄遣いが減ったように思います。

学校の成績を上げる

  • あわせて、学校の成績をあげることに心を注ぎました。

通信簿の評価が入試の成績に加算されるので、おろそかにはできません。

まず私は、担任の先生に息子が中高一貫校の受験をするということを伝えました。そして、息子が通信簿で高評価を得るためのアドバイスを頻繁にもらうようにしました。

(*)のノートを「自学ノート」として、毎日提出させました。

夏休みの自由研究などの課題は、私が大いに手出し口出ししました^^;)

結果、通信簿の評価は格段に上がりました(^_^)v

学習塾は子供の成績を上げるためのツールの一つでしかない

子供の受験勉強に関わるようになってくると、「塾にさえ行かせれば成績が上がって受験に合格できる」という考えだったのが、「受験勉強に合格するために、塾というツールを使い倒す」という考えへと変わりました。

塾が勉強をするのに適した環境なのは言うまでもありませんし、オススメの併願校(すべり止め)情報なんかは自分で調べるよりも塾で聞いた方が早くて確実です。



我が家の場合ですが、長男は作文(小論文)が苦手です。書き方のポイントは理解しているのですが、ポイントの一つである“具体例を挙げて書く”というのが大の苦手で毎回苦戦していました。

そこで私は「ありとあらゆる具体例が載っている小論文を何パターンも持ってきてほしい」とお願いし、「記入例」のコピーを山のようにいただきました。(例えばテーマが「友情」であれば、この記入例を具体例として参考にしよう、という具合に使いました)

こうやって的確な参考文献が手に入るのも、塾ならではだと思います。

子供の健康を維持するために

受検前にインフルエンザなどの予防接種を受けるご家庭は多いと思います。しかし我が家はアレルギーがあって、予防接種が受けられません。そこで、我が家で行った対策は、以下の通りです。もちろん、予防接種済のご家庭でも参考にしていただけると思います。 

  • 空気清浄機の導入(ウイルス、花粉対策として)
  • 早めの耳鼻科の受診~具体的には、12月から(スギ花粉症対策として)
  • 加湿器の利用(ウイルス対策として)
  • 3食はしっかり食べる(栄養バランスもしっかり意識~乳製品・卵、タンパク質、ビタミン、炭水化物を)

 

働くママが子供の受検を決意すると、本当に大変です 😥  

ですが、苦労や我慢を乗り越えて「合格」を手にした喜びは本当に大きいです!

受検に挑戦する皆さまが、栄冠を勝ち取れますよう、応援いたします☆彡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です