受験当日の朝食は何を食べればいい?オススメの献立はこれ!

豚汁

いよいよ受験本番!

当日の朝食は、何を食べればいいのでしょうか?

受験当日の朝食にオススメの献立

豚汁

豚汁

1月16日放送の「Oha!4」の中のコーナー「NEWSおは目線」の中で、紹介されていました。

それは、ズバリ豚汁です!

豚汁を紹介してくださっていたのは、銀座にある「田中伶子クッキングスクール」の中村奈津子校長です。先生のお子さんも受験当日の朝食に豚汁を食べて、見事東大に合格されたんだとか(*˘︶˘*).。.:*♡

中村先生曰く、朝に温かい汁物を食べると脳の働きを活発にしてくれるのだそうです。

また、ゴボウなどの繊維質のものは腸に負担がかかるので、受験当日はゴボウなどの繊維質の食材は抜きで豚汁を作るほうが良いそうです。

さらに、具材は炒めてつくるよりも、炒めず煮て作るほうが良いそうです。というのも、油分は消化にエネルギーを使うので、脳に行くエネルギーがその分減ってしまい、脳の働きが落ちてしまうそう。

胃腸に負担をかけず、エネルギーが脳に行くような、温かい汁物が「豚汁(繊維質抜き・具は煮て作る)」というわけですね(*^^*)

豚汁に合わせるのは、普通のご飯がいいそうです。脳はブドウ糖しか栄養にできないので、糖分が必要なのだそうです。

受験当日は避けたほうがいい献立

トンカツ

トンカツ。以前は受験の定番でしたが・・・

油ものは胃がもたれたり、消化にエネルギーを使ってしまうので、脳のパフォーマンスが落ちてしまうから避けたほうがいいと「田中伶子クッキングスクール」の中村奈津子校長はお話されてました。

他にも、生ものを控えているご家庭が多いようです。

その他「慣れないコーヒーを眠気覚ましに飲んだら胃が痛くなった」とか「冷たい牛乳を飲んだらお腹が痛くなった」などの体験談も聞いたことがあります。

なので、試験当日は慣れない献立は避けて、なるべく普段通りにするのが良さそうです。

参考までに・・・小暮家の体験談

2年前に中高一貫校の受検をした長男ですが、朝食はご飯・味噌汁・納豆だったと思います。普通どおりです。

前日の夕食はカツを食べました。ただし豚肉ではなく、鶏肉です(点を「取りにいく」で)。

油ものを避けたほうがいいとわかっていれば避けたのですが、ゲン担ぎで食べさせてしまいました^^;

当日の昼食は、私が詰めた弁当を。、午後の面接へ向けてテンションが上がるように・・・との思いで、中身は好物の梅干し・唐揚げ・たらこパスタを入れてしまいました。

胃が丈夫で緊張知らずの長男だからよかったようなものの、そうでなければ胃もたれしていたかもしれません^^;

 

もうすぐ本番を迎える受験生の皆さん、そして受験生のママさん、健康管理を大事にして、頑張ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です