働くママが我が子のランドセルを準備する頃に考えたい、「学童」

子供が保育園へ通っている間は、朝に子供を預けてしまえば、お迎えに行くまでの間ずっと安心して仕事に専念できました。

でも、子供が保育園を卒園したら、どうでしょう?

 

保育園に籍を置く3月31日までは、ママも子供も保育園を利用できます。

でも4月1日からは、もう、保育園に子供を預けることはできないのです。

たいていの企業では、育児時短制度を利用できるのは子供の入学前までだと思われます。

子供は、学校を出てから夜ママと会うまで、どこでどうやって過ごしますか?

入学式は4月5日前後だと思いますが、子供が入学を迎えるまでの間の数日間を、どう過ごしますか?

そんな働くママが利用するであろう施設が「学童」です。

学童保育(がくどうほいく)とは、主に日中保護者が家庭にいない小学生児童(=学童)に対して、授業の終了後に適切な遊びや生活の場を与えて、児童の健全な育成を図る保育事業の通称である。法律上の正式名称は「放課後児童健全育成事業」で、厚生労働省が所管する。事業を実施する施設は「学童クラブ」「放課後(児童)クラブ」「学童保育所」等と呼ばれるが、自治体や設置者によって名称が異なる。略称は「学童」。

学童って、どんなところ?

学童を運営する母体によって特色の違いはありますが、共通するのは

 ・授業終了後に通所、夏休みなどの長期休暇中は朝から自宅より通所

 ・宿題をする時間と場所の提供

 ・補食としてのおやつの提供

 ・小1から小6まで(学童によって違いあり)の様々な学年の子供たちが一緒に生活する

という点です。

学童によって違いはありますが、昔ながらの遊び(けん玉・ベーゴマ・将棋など)を取り入れていたり、自分たちでおやつをつくったり、長期休みにはみんなでプールや映画館などへお出かけしたり、キャンプやクリスマス会などの行事があったりします(個人的には、長期休みに私の代わりに子供たちを外出させてくれるのが非常にありがたかったです 😀 )

班行動をとることも多く、上級生が下級生の面倒を見たり、行事に向けて企画立案を行ったりします。

概ね19時くらいまで利用できます。学童には指導員がいて子供たちの生活の面倒を見たり、予定通りに通所しないときや急な病気などのときには保護者へ連絡をくれます。

年末年始は学童もお休みです。土曜に開所しているかどうかは、学童によって異なります。

学童の指導員は、これまでは有資格者である必要がなかったので、「教員経験者」「子育て経験者」などがあたっていることが多かったと思います。しかし2015年に「放課後児童支援員」の基準が設けられたようです。

2015年度からは「放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準」(平成26年厚生労働省令第63号)に基づき、事業所ごとに「放課後児童支援員」を配置することが義務づけられた(支援の単位(おおむね40名程度)ごとに2名以上、ただし1名を除き補助員をもって代えることができる)。放課後児童支援員となるには、保育士や社会福祉士等の基礎資格を有した上で、都道府県知事による資格認定講習を修了する必要がある[6]。なお2019年度までは経過措置として、資格認定講習を「修了した者」ではなく「修了することを予定している者」が放課後児童支援員となることもできる。

学童の運営母体の違いによる特色の違いと、そのメリット・デメリット

自治体が運営する学童の、メリット・デメリット

自治体が運営する学童(公設学童)のメリット

1.料金が安い

 利用料は月々数千円のところが多いようです。

2.学校から近い

 公設学童は学区に併設(学校の敷地内にあるところも多い)なので、低学年でも通いやすいです。

3.同じ保育園出身者が多いかも

 公設学童の方が民営学童に比べると利用割合が高いので、公設学童には同じ保育園出身者がいる可能性が高いといえます。お友達と一緒で安心できるかもしれません。ママにとっても、初めのうちは顔見知りのママが多い方が何かと心強いかもしれませんね。

4.保護者会の回数が少ない

 働く父母で運営する民営学童に比べると、保護者会の回数は少ないです。

 

自治体が運営する学童(公設学童)のデメリット

1.指導員が固定とは限らない

 指導員が公務員の場合、数年で他の公設学童へ異動してしまうことが考えられます。

 中には専任が1名のみで、後のスタッフは日替わりボランティアという学童も存在します。

 こういう体制では、ママも子供も、指導員と個人的に信頼関係を築くことは難しいかもしれません。

2.指導員が子供たちに積極的に関わる場面が少ない

 公設学童の指導員は、遊び相手にはなってくれます。宿題も見てくれます。

 でも「児童一人ひとりにあった保育をしよう」というのは、期待できません。

 そういう神対応の指導員が居てくださったとしても、子供の在所期間中に異動してしまうことも・・・ 🙁 

企業が運営する学童の、メリット・デメリット

企業が運営する学童のメリット

1.車で送迎してくれる

 学校の校門まで、学童の車が迎えに来てくれます。

 保育時間が終われば、自宅まで(または自宅付近まで)車で送ってくれます。

 保育時間中に塾などの習い事があれば、その送迎も行ってくれます。

2.習い事や塾と併設

 学習塾経営の学童は、保育時間中に学習の指導を行ってくれます。

 習い事が保育時間の中に組み込まれている学童もあります。

 学童と塾通い、もしくは学童と習い事を両方こなすことができるのは一石二鳥といえます。

 

企業が運営する学童のデメリット

1.費用が高額である

 サービスが至れりつくせりである分、費用も高額になってきます。

2.同じ保育園出身者や学校から行く子供の割合が少ない

 学年が上がるにつれて「みんな放課後一緒に遊ぶ約束をしてるのに、自分だけ離れた場所の学童へ行かなくてはいけない」と思う子供もいるようです。

父母会が運営する学童のメリット・デメリット

父母会が運営する学童のメリット

1.保育方針を自分たちで決めることができる

 経営と保育方針は父母会で決定し、自分たちがプロの指導員を雇用し、望んだ通りの保育を実現します。

 基本的に指導員は固定なので、指導員と子供たち、そして指導員と保護者との信頼関係がしっかり築かれます。

2.保護者同士や地域との関わりが深くなる

 経営と保育方針を話し合うために頻繁に父母会が開催されます。指導員や保護者同士の繋がりが生まれます。

 子供たちが地域の公園を利用させてもらっているので、地域のバザーや清掃活動に参加したりします。

 

父母会が運営する学童のデメリット

1.父母会の開催回数が多い

 月に1回くらい、父母会が開催されます。役員会や運営委員会なども加えると、父母が集まる機会が多いです。

 平日の夜間に開催されたり、土曜の夕方に開催されるので、体力的にしんどいです。

2.父母の役割分担が多い

 行事に応じた係や、役員などの仕事を分担する必要があります。

 普段の仕事に加えて父母会活動があると、休日が潰れてしまうこともあります。

まとめ

学童保育の利用を検討するのであれば、情報収集や見学などを行って、自分たちのライフスタイルに合った学童を見つけましょう(*^^*)

学童申し込み時期のチェックもお忘れなく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です