パルシステム「クリームシチュー(フレーク)」を使ってみた感想☆彡

今日、関東地方では観測史上54年ぶりとなる11月の降雪となりました(*_*)

こんな寒い日に、シチューはいかがですか?

この「クリームシチュー(フレーク)」美味しいんです!それに、使いやすい!

img_1914

我が家ではこの「クリームシチュー(フレーク)」、冬場は切らさずストックしています。

 

「クリームシチュー(フレーク)」のいいところその1:美味しい(*´ェ`*)

私の母のクリームシチューは、市販のルーを利用して作られていました。何がどうだとうまく言えないのですが、どうも市販のシチュールーの味は苦手でした。でもこのシチュールーを使ってみたら、違ったんです![br num=”1″]私の苦手な味(正体不明)が入っていなくて、凄く美味しい(*´ェ`*) 以来、クリームシチューのルーは「これ」と決めています☆彡

「クリームシチュー(フレーク)」のいいところその2:フレーク状が使いやすい

市販のシチュールーは塊になっているので、溶けるまで時間がかかってました。混ぜ方が足らないとダマになってしまうことも(-_-) でもこのルーはフレーク状になっているので、お湯にサッと溶けてダマになりにくい♪ なので慌ただしい朝でもサッとシチューを作って出すことが可能です(*^^*) フレーク状だから量の調節がしやすいので、例えば「ポタージュっぽいスープがお椀1杯分だけ欲しい」なんていうときも、これさえあれば簡単にできちゃいます。

「クリームシチュー(フレーク)」のいいところその3:チャックつき袋が使いやすい

「フレーク状」というルーの形状が使いやすいのと同時に、チャックつき袋なので、「ルーをちょっとだけ使って、しまう」ということが簡単にできます

 

ルーは1袋に240g入っています。シチュー5~6皿分で120g(一袋の半分)使う感じです。1食(約24g)あたりのエネルギーは123kcalとなっています。

このルー、パルシステムのPB(プライベートブランド)なんです。原材料は「小麦粉、食用油脂(牛脂、豚脂)、砂糖、粉乳、食塩、乳等を主要原料とする食品、肉エキス(ポーク、チキン)、酵母エキス、オニオン末、チーズ、香辛料、香料(原料の一部に大豆を含む」とあります。つまり、化学調味料が使われていないんです!これなら小さなお子さんにも安心して食べさせてあげられますね(*´ェ`*)

ルーがフレーク状で量の調節が簡単なので、例えば濃い目に溶いてグラタンやパスタのソースとして利用したり、あるいは薄めに溶いてポタージュ風(分量の水で野菜-人参・かぼちゃ・ほうれんそうなど-を茹で、茹で汁ごとフードプロセッサーにかけてからシチュールーを加える)にするのもオススメです☆彡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です